アルファードの買取り査定額アップのコツ

MENU

コイン洗車機の使い方

愛車をきれいにしたい気持ちははいっしょですが。 すべての基本となる水洗いをキチンとするか、しないかで仕上がり具合は大きく変わってきます。

 

こんな作業

洗車する前のボディには走行によって多くのホコ リやド□など様々な汚れが付着しています。
そ れらの汚れは、本格的な洗車に入る前に落としておきましょう。
理由はボディに付着した汚れによっ て新たなキズを作らないためです。
作業は、まずボディ全体にまんべんなく水が行き渡るように水を掛けます。
この時、水道ホースの先に 噴射ノズルが付いていればシャワー状態にして作業を施したほうが効率が良いでしょう。
ドアやボンネット、卜ランクなどの継ぎ目となる部分は、 の圧力を利用するようにして中に溜った汚れを洗い流すようにしよう。

 

また、タイヤがはね上げたドロやホコリが多く付着しているボディ下部も水圧で洗い流します。
作業は、水の流れ落ちる上から下へ進めるのが基本。
汚れが落としにくい箇所は、時間を掛けて水で 洗い流すようにしましょう。

 

 

手順を解説しよう

  1. ボディ全体はノズルを調節してシャワー状態で長く放っておいたボディほど汚れが付着しています。
  2. 見えにくいボディの下部は、水圧を利用し て作業を行いましょう。
  3. 水はたっぶりと使うぐらいの気持ちで作業を進めましょう。

 

 

これがポイン卜

長くケアを怠っていたボディほどド□やホコリなどのガンコな汚れが付着しています。
それらの汚れは、 無理に擦り落とそうとするとボディに新しいキズを作る原因にもなりかねません。
また、水をサッと流しただけではなかなか落ちません。
ゆっくりとあせらず水を使いながら落とすように心がけましょう。
見えない箇所だからと言って手を抜かないことが大切です。